炭じん爆発慰霊碑建立喜ぶ

西日本新聞

 ☆1963年に三井三池炭鉱三川坑(福岡県大牟田市)で起きた炭じん爆発事故の慰霊碑の除幕式が先日あり、私も出席しました。

 事故当時は組合が分裂していたこともあり、今まで合同の慰霊碑がなかったのですが、関係者の尽力で建立されたのです。事故の犠牲者458人の名前と年齢が刻まれた碑には、45歳で亡くなった父の名前もありました。

 母の方は今年9月、老衰で他界しました。102歳でした。生前、碑が建てられることを知り、私は母の名前で寄付しました。残念ながら、完成を待たず母は逝ってしまいましたが、喜んでいると思います。

 除幕式では慰霊碑建立に携わった方々にお礼を言いそびれましたけど、すごく感謝しています。 (熊本県荒尾市、女性、70)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ