熊本知事「行動制限求めず」 累計感染者1000人超え臨時会見

西日本新聞 熊本版 綾部 庸介 松本 紗菜子

 熊本県内では27日、熊本市中央区の20代男性らの新型コロナウイルス感染が発表され、累計感染者数は千人を超えた。蒲島郁夫知事は臨時会見を開き「感染者数がひとつの大台に乗った。マスク着用など改めて基本的な感染防止対策を徹底してほしい」と呼び掛けた。

 県内では9月中旬ごろにいったん感染が落ち着いたが同月下旬から再び増加。10月の感染者数は九州で最多となり、11月も増加傾向は続いている。ただ、蒲島知事は「急激な感染拡大の状況は見られない」として、現時点では移動の自粛など県民への行動制限は要請しないと説明した。全国の状況を見極めながら、さらに必要な対策について週明けにも示すという。

 一方、熊本市は、26日に中央区役所保護第二課の20代女性職員の感染が確認されたことを受けて同僚など225人に行った検査で、全員が陰性だったと発表した。

 (綾部庸介、松本紗菜子)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ