妊娠の相談、最多3844件 熊本の慈恵病院 コロナで困窮影響か

西日本新聞 社会面 長田 健吾

 熊本市は27日、親が育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営する慈恵病院(同市西区)で、今年4~9月に寄せられた妊娠に関する相談件数が3844件に上り、半期では過去最多だったことを明らかにした。特に若年層が目立ち、新型コロナウイルスの感染拡大による生活環境の変化が背景にあるとみられる。

 同日、赤ちゃんポストを検証する市の専門部会で報告された。相談件数は昨年同期比で448件増。年齢別では、不明を除いた2475件のうち、20代以下が1863件と約8割を占めた。15歳未満からも22件あった。居住地域は熊本県内の139件に対し県外が2246件だった。

 相談は「妊娠・避妊」に関することが2335件と最も多く、「思いがけない妊娠」(587件)、「中絶」(223件)と続いた。慈恵病院の蓮田健院長は、増加の理由について「分析は難しい」とした上で「コロナでの経済的な困窮や家にいる時間が長くなったことなども考えられるのではないか」と指摘。社会全体の問題として捉える必要性を訴えた。

 また市は昨年度、赤ちゃんポストに預けられた11人の詳細も公表。うち10人が医療関係者が立ち会わない自宅での「孤立出産」だったという。 (長田健吾)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ