子ども食堂の輪、県境超えて 九州・沖縄で全国初のネットワーク結成

西日本新聞 社会面 白波 宏野

 九州・沖縄の子ども食堂支援団体が28日、北九州市で会合を開き、県境を超えて連携する「九州沖縄こども食堂ネットワーク」(仮称)を結成することで合意した。新型コロナウイルスの影響で子ども食堂の運営は厳しさを増しており、食材を融通し合ったり、ノウハウを共有したりする。来年4月の発足を目指す。

 関係する子ども食堂は約800あり、県境を超えて支援のネットワークをつくるのは全国初という。

 会合では行政や生活協同組合と協力していくことも確認。より多くの寄付を募るため、新たに窓口を設けるなどの方向性も示した。

 福岡以外の九州・沖縄7県には、県内の子ども食堂の連携を図る支援団体がある。福岡も近く同様の支援団体を設立する予定。ネットワークの具体的な事業内容は本年度中に決め、各県の支援団体が主体となって運営する。

 コロナ禍で子育て世帯への支援の重要性は高まっている。会合で事務局を務めた北九州市子育て支援課の長迫和宏子ども食堂係長は「どの地域でも子ども食堂の存在意義は増している。一方で、運営者はなかなか寄付が集まらないなどの課題に直面している。持続的に支援する仕組みをつくりたい」と話した。 (白波宏野)

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ