児童手当の「減額」どう思う?

西日本新聞

みんなのモヤモヤ会議

 児童手当をめぐって政府は、共働きで高所得の世帯を対象に、減額する検討を始めています。
 手当は中学生までが対象で3歳未満や第3子以降は1万5千円、ほかは1万円。例えば会社員の夫と専業主婦、子ども2人の家庭では、夫の年収が960万円以上だと所得制限の対象となり、特例給付として子ども1人5千円に減額されています。政府は、年収を判定する基準を「世帯主」から「夫婦の合計」に変更し、所得制限の対象世帯を広げることなどを検討しています。減額により財源を捻出し、少子化対策を行うのが狙いです。こうした見直しについて、みなさんはどう思いますか?

関連記事:共働き高所得世帯の児童手当減額

*******

 モヤモヤ会議は、日常生活でモヤモヤすることや社会問題などを、みんなでワイワイ語り合います。自分とは異なる意見も「へえ!そんな考え方もあるんだ」と楽しむコーナーです。西日本新聞アプリのモヤモヤ会議室でも、いろんなテーマをおしゃべり中!

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ