白血病で逝った7歳の娘…「卒業まで一緒だよ」思い続ける仲間

西日本新聞 医療面 下崎 千加

 白血病で7歳の娘を亡くした女性が、小学4年になったかつての同級生たちに「精いっぱい生きる」というテーマで講話をした。闘病中もいつか学校に戻ると信じて勉強していたこと、みんなの手紙が治療の支えになったこと…。講話が実現した背景には、亡くなった後も、教員や児童が娘を“クラスの仲間”として受け入れ、家族に寄り添い続けてくれたことがあった。

 女性は福岡市城南区の添田友子さん(43)。次女の千歳さんは3歳で急性リンパ性白血病を発症。抗がん剤治療で寛解状態となったが、南片江小に入学した2017年の8月に再発した。九州大病院(同市東区)で臍帯血(さいたいけつ)移植を受け、18年4月に退院。復学に向け自宅で療養していたときに再々発が判明し、同年8月6日に亡くなった。学校に通ったのは1年生の4カ月だけだった。

 講話は11月12、13日、南片江小4年の4クラスで行われた。同小は福岡大病院に院内学級を開設している関係で、毎年、担当教諭が学級を紹介する授業を行う。その後半で添田さんが登壇した。

 添田さんは写真を示しながら、入学式でおしゃれをしたり、校庭で一輪車を楽しんだりしていた千歳さんが、入院中も勉強していたことなどを紹介。「人の役に立ちたい」と、亡くなる8日前に小児がんの子を支える募金活動「レモネードスタンド」で街頭に立ったことも伝えた。

 「千歳を失った悲しみは消えません。でも精いっぱい生きたことを家族は忘れない。みんなは、いてくれるだけで宝物です。好きなこと、楽しいことをたくさんやって笑顔を輝かせてください。それが精いっぱい生きるということです」

 添田さんは千歳さんの死後、三つ上の長女の参観日も学校へ行けなくなった。元気いっぱいの児童の姿を見るのがつらかった。徐々に癒えていったのは、学校が家族に関わり続けてくれたからだった。

 井上亜樹校長(57)は月命日には、帰宅する姉に同行して自宅を訪れ、お参りしてくれた。10月の誕生日には級友から手紙が届き、担任が電話をくれた。

 翌春、3年生の教員から「今度、担任になりました。よろしくお願いします」と思わぬ電話があった。教室に千歳さんの絵を掲示したり、壁に張った「誕生日列車」に名前を載せてくれたりと、クラスの一員として扱ってくれた。「今、同じクラスだよ」と寄ってきてくれる子がいた。命日は5人の教諭がお参りに来てくれた。

 さまざまな気遣いは姉が卒業するまでのことかな、と思っていた。卒業式後に校長にお礼を伝えると、「ちーちゃん、次4年生やん。卒業まで一緒だよ」。講話依頼は「みんなに支えてもらったお礼を伝えたい」と引き受けた。

 千歳さんが“在籍”する4年1組には、1年のときよく一緒に遊んだ友達が2人いる。添田さんの話を聞き、鈴木皐牙(こうが)さん(9)は「明るくて活発だったから、治療をそんなに頑張ったとは知らなかった。自分もちゃんと生きたい」。長洞美緒さん(10)は「友達と一緒に遊べることは幸せなことなんだと思った」。

 添田さんは「みんな一生懸命聞いてくれた。今も千歳のことを覚えてくれている。もうそれだけで十分です」と話す。

 井上校長は打ち明ける。「初めは、お姉ちゃんを支えたいという思いだった」。一方で時がたっても、PTA役員が千歳さんを紹介する掲示板を作ったり、地元公民館のイベントで有志がレモネードスタンドを開設したりと、千歳さんの“足跡”が残っていた。「だからでしょうか。今も『うちの学校の子』という気がするんです。教員も同じ思いだと思います」。春の千歳さんのクラス決めは、学年担任の4人が自主的に行っているという。

 (編集委員・下崎千加)

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ