白血病で逝った7歳の娘…「卒業まで一緒だよ」思い続ける仲間

 白血病で7歳の娘を亡くした女性が、小学4年になったかつての同級生たちに「精いっぱい生きる」というテーマで講話をした。闘病中もいつか学校に戻ると信じて勉強していたこと、みんなの手紙が治療の支えになったこと…。講話が実現した背景には、亡くなった後も、教員や児童が娘を“ク...

残り 2141文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR