【やさしい日本語】留学生(りゅうがくせい)の  グループが、1年(ねん)に 1回(かい)の  ショーを  開(ひら)いた

西日本新聞

福岡ふくおかには、留学生りゅうがくせいの  グループ「福岡県ふくおかけん留学生りゅうがくせいかい」(Fukuoka Overseas Students Association, FOSA)が  あります。

いまあたらしい  コロナウイルスで、留学生りゅうがくせいの  生活せいかつは  大変たいへんです。

でも、留学生りゅうがくせいは  がんばっています。

11がつ29にち、FOSAは、留学生りゅうがくせいたちが  自分じぶんの  くにの  文化ぶんかを  紹介しょうかいする  ショーを  ひらきました。

元気げんきに  がんばっている  ことを、  福岡ふくおかの  ひとに  て  もらうためです。

カンボジアや  韓国かんこくや  中国ちゅうごくや  ベトナムなど、7つの  くにの  留学生りゅうがくせいが、おどりや  楽器がっきの  演奏えんそうをしました。

FOSAは、この  ショーを  毎年まいとし  ひらいて  います。

今年ことし会場かいじょうには  50にんしか  はいることが  できませんでした。いつもの  半分はんぶんです。

でも、ていた  ひとは  とても  たのしそうでした。

イーサン・カリスマワンさんは、インドネシアから  九州工業大学きゅうしゅうこうぎょうだいがくに  留学りゅうがくしています。

福岡ふくおかの  ひとは、留学生りゅうがくせいに  食べ物た   ものを  くばって  くれました。おれいに  たのしい  時間じかんを  とどけました」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ