「怖さあった」コンビニに心肺停止の男性…命救った2人の迅速な処置

西日本新聞 佐賀版 米村 勇飛

 人命救助に貢献したとして佐賀消防署は30日、自営業木下静保さん(45)と、飲食店従業員中山貴博さん(37)=ともに佐賀市=に感謝状を贈った。

 署によると11月7日昼、同市高木瀬町のコンビニ駐車場で、市内の男性(62)が倒れて心肺停止状態になっていた。偶然来店していた木下さんが意識の有無などを確認し、消防に通報して心臓マッサージを行った。居合わせた中山さんも救急車駐車のため駐車場を整理し、男性に声を掛けた。救急車到着前に意識が戻り、同月中旬に退院した。

 感謝状贈呈式で光岡潔和署長は「迅速な通報と適切な処置が男性を救った」とたたえた。救急救命士の知人から脈の取り方や意識確認の方法などを聞いていたという木下さんは「男性が助かり、良かった」。中山さんも「怖さはあったが、心臓が動き始めてほっとした」と振り返った。

 命を救えたことに安堵(あんど)する一方、処置時にはスマートフォンで動画を撮り、眺めるだけの傍観者が大勢いたことが気になったという。木下さんは「処置している人に、ひと声掛けるだけでも違う」と訴えた。

 (米村勇飛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ