近隣の養鶏場、鳥インフル陰性確認 福岡・宗像市

西日本新聞 一面 黒石 規之

 福岡県は30日、同県宗像市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザに関し、半径3キロ圏内にある別の養鶏場1カ所を検査した結果、感染は確認されなかったと発表した。

 検査は家畜伝染病予防法に基づく措置。11月25~29日、対象圏内にある唯一の養鶏場で鶏の一部を抽出して抗体やウイルスの有無を調べたところ、いずれも陰性だったという。

 県は、この養鶏場で12月9日から同じ検査を再び行い、異常がなければ、半径10キロ圏内の計7養鶏場を対象とする鶏や卵の搬出や移動の制限を13日から段階的に解除する予定。 (黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ