竈門神社、神職の推し柱は⁉ 禰豆子似キツネ像?「鬼滅」聖地を歩く

 2020年をかたうえまんとうげはるさんの「めつやいば」はかせないでしょう。ふくおかけんほうまんざんのふもとにある「竈門かまどじんじゃ」(ざい)は、しゅじんこう竈門かまどたんろうせいおなであることなどから“せい”としておおくのファンがおとずれています。6にんのこどもしゃけいだいあるき、さくひんとのかかわりをさぐりました。

 ごんじんじゃしんしょく)ののぶゆきさん(43)に竈門かまどじんじゃちをくと「みんなはおにいて、どんな姿すがたおもかべる?」とぎゃくしつもんされた。「あたまうしのようなつのがある」「とらかわのパンツをはいている」などとこたえると、さんは「うしきたとらとら)はひがしほうがくあらわどうぶつむかしほくとうわるいものがやってくるほうがくとされ“もん”とばれた」とはなした。

大宰府を災いから守る〝鬼門除け〟

 竈門かまどじんじゃれきは673年にはじまる。くにじゅうようやくしょだったざいほくとうにあり「ざいわざわいからまもる“もんけ”のじんじゃとしてのやくわりになってきた」そうだ。うしとらざったおに姿すがたは「ほくとうもん」をイメージしたものとおどろいた。じんじゃやくわりが“おに”からひとまもる「めつ」のものがたりかさなった。

拝殿には「竈門神社」と描かれた額が掲げられていた
山の形などから「竈門山」の別名を持つ宝満山

炭治郎が切った岩っぽい?刀鍛冶の石碑もあった!

 竈門かまどじんじゃと「めつ」のきょうつうてんとしてさんは、(1)もんけのやくわり(2)しゅじんこうまえ(3)へいあんねがほうまんざんきびしいしゅぎょうをしたやまぶししょうぞくたんろうおりおないちまつようだった(4)たんろうごとすみき。ほうまんざんちゅうふくにはすみがまあとがある-などをあげた。

 はい殿でんでおまいりしてけいだいあるいた。はい殿でんみぎに「こいうらない」のふだがあるいわがあった。ちょっとちいさいがたんろうしゅぎょうったいわている。「これはあいけいいわひだりいわからみぎいわまでじてあるければ、こいがかなうとわれています」とさん。そういえばものがたりてくるさいこうけんはしら」の一人ひとりで「こいばしら」のかんみつひとだ。

目をつぶって岩から岩へたどりつければ恋がかなうという「愛敬の岩」

 けいだいには、やまぶし使つかかたなったかたながいたことをつたえるふるせきもたっていた。おにたおせるゆいいつにちりんとう」をつくる「かたなさと」もものがたりじゅうようたいになっている。

稲荷神社のキツネ像、禰豆子に似てる⁉

 せきちかくにあるいなじんじゃのキツネぞうくちまきものをくわえていた。「たけづつをくわえたおににされたたんろういもうと)ににてる?」「ちょっとがあるかも」。そんなやりとりをしながらかんがえた。しゅてんどうももろういたあかおにおにでんせつみんいまがれている。「めつやいば」は、わたしたちのだいんだおにひとものがたりなのだ-と。

 めつファンの“せい”はいくつもあるが、竈門かまどじんじゃものがたりのシーンをかさねながらあるけるたのしいしょだった。ほんとうに「めつ」とかんけいがあるのか…。いつかさくしゃきたいとおもった。

巻物をくわえた稲荷神社のキツネ像。禰豆子のモデル?
竈門神社神職の「推し柱」は…

【こども記者の感想】

けんよしちょうがわしょう4年/しましゃ

竈門かまどじんじゃはもみじのがいっぱいあってあるくとちのいいしょだった。めつファンがおとずれることのかんそうさんにくと、ファンがにキャラクターのえがいてくれるのがうれしいそうだ。わたしちょうしのぶときだ。

「コロナ滅の刃」の絵に思いを込めた江島記者

ふくおかけんくらまちくらちゅう1年/さかもとすずすけしゃ

さんにしんしょくのやりがいをくと、ねがいがかなったひとがおれいまいりにきてくれることとこたえた。すがすがしいちでいのれるようにけいだいをきれいにしているというはなしこころのこった。おにふうじるじんじゃという「めつ」につうじるやくわりった。

「全てのことに感謝」と絵馬に記した坂本記者

ふくおかけんむなかたゆうおかしょう5年/ときとりしょうしゃ

こいがかなう「あいけいいわ」がおもしろかった。ぼくははしってたどりつくことができたが、ぐらぐらしたりしてむずかしそうなひとも。ぼくはせいこうしたのであんしんした。をかざったがめつキャラがすごくうまいもありおどろいた。

将来の夢を絵馬に誓った時鳥記者

ふくおかありずみしょう5年/ひらおんしゃ

めつファンのにんスポットになったこのじんじゃは、ほうまんざんのふもとにあり、このやまちょうじょうちかくには竈門かまどいわというでんせついわがあることなど、まえしゅじんこうせいおなじだというじょうれきや「めつ」につうじるしょがあることがにんゆうった。

アナウンサーの夢を記した平木記者

ふくおかてりちゅう1年/れんしゃ

めつやいば」がだいきでいつもニヤニヤしながらんでいる。とうげせんせいふくおかしゅっしんとのウワサをき、そうであればほこらしいおもいだ。いつかせんせいとおいできればうれしい。せんせいたいへんまいにちだとおもいますが、これからもおうえんしています!

弥登記者は「笑顔の絶えない世の中になりますように」と願った

ふくおかふくおかふたちゅう1年/やまあずさしゃ

たしかにほうまんざんはかまどのようにこんもりとした姿すがたをしていた。やまくもがかかり、アフロのかみがたえた。みんなでおさめた。わたしいっしょうけんめいえがいて「しんがたコロナをめっす!」というねがいをめた。つぎぞくあんないしたい。

禰豆子の絵馬に「コロナ滅」の思いを込めた山田梓記者

 

関連記事

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR