ビートル3隻売却検討 航路再開見通せず 新型船一本化し対馬寄港休止

西日本新聞 古川 剛光

 JR九州高速船(福岡市)は、新型コロナウイルスの影響で博多-韓国・釜山間の航路再開の見通しが立たないことから、保有するジェットフォイルビートル」3隻の売却を含め運航体制縮小を検討していることを明らかにした。再開後は新型高速船「クイーンビートル」1隻で運航。長崎県対馬市の比田勝港への寄港は無期限休止する方針。

 体制縮小に伴い、同社は約110人の従業員を、出向元のJR九州への復帰や希望退職などで70人程度に減らす見通し。

 日韓航路は3月から運休している。クイーンビートルは定員502人とジェットフォイルの2・6倍。10月に建造先のオーストラリアから到着した。当初計画では新型船導入に合わせ、ジェットフォイル3隻のうち1隻を置き換えるとしていたが、運航休止が長引き経営が悪化。3隻体制では多額の維持費がかかるとして方針を転換した。

 現行「ビートル」は2018年7月から、一部の便が対馬に寄港し、国内旅客も相乗りする「混乗便」として運航していた。だが、クイーンビートルはジェットフォイルより速度が遅く、運航時間も延びることなどから、再開しても対馬への寄港は無期限休止する方針を市に伝えている。

 水野正幸社長は取材に対し、「対馬振興に少しでもお役に立てればと思ってやってきたが、コロナで収入がなく非常に難しい状況。まずは経営基盤の立て直しを最優先に取り組みたい」と話した。

(古川剛光)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ