【やさしい日本語】インド出身(しゅっしん)の 人(ひと)が 外国人(がいこくじん)の   相談(そうだん)に  応(こた)える 仕事(しごと)を がんばっている

西日本新聞

カウル・サンディープさんは  インド  出身しゅっしんの  おんなの  ひとです。

日本にっぽんに  た  とき、  インドとは  ちがうことが  おおくて  生活せいかつが  大変たいへんでした。

英語えいごが  つうじませんでしたし、りた  部屋へやには  家具かぐが  ありませんでした。

ごみを  すときの  ルールも  かりませんでした。

カウルさんは、いまは  日本にっぽんの  生活せいかつに  れました。

去年きょねんから、マンションや  アパートを  管理かんりする  会社かいしゃで  はたらいています。

部屋へやを  りている  ひとの  20%は  外国人がいこくじんです。

カウルさんは、英語えいごを  はなす  おきゃくさんの  電話でんわに  る  仕事しごとを  しています。

こまっている  ひとに、  日本にっぽんの  生活せいかつの  ルールを  おしえます。

「ごみしの  ルールが  わかりません。漢字かんじも  めません」と  電話でんわを  かけて  くる  ひとが  います。

あたらしい  コロナウイルスで、部屋へやを  りる  外国がいこくじんは  ってしまいました。

カウルさんは「福岡ふくおかが  また  にぎやかに  なるように、役に立やく  たちたいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ