九州で84人が感染 福岡33人、熊本18人、大分14人

西日本新聞

 福岡県では1日、新たに33人の新型コロナウイルス感染が確認された。

 県は10~90代の男女15人の感染を確認し、県警は1人が粕屋署の男性署員と発表した。市民らとの濃厚接触はない。同署での感染者は2人目。福岡市では10~60代の14人が感染。このうち中央区の60代男性は発熱や呼吸困難で救急搬送され重症。北九州市は3人、久留米市は1人の感染を発表した。

 佐賀県は死者1人を含む4人の感染を確認した。死者は女性で死後の検査で陽性が判明。こうしたケースは県内では初めてという。長崎県では、長崎市の自営業の70代男性と事務職の60代女性が感染した。

 熊本県と熊本市は、20~80代の男女計18人が感染したと発表した。大分県では20~70代の男女14人が感染し、経路不明は4人。

 宮崎県で男女10人、鹿児島県では40~60代の男女3人の感染が確認された。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ