「ひたpay」申し込み開始 専用アプリで電子商品券 30%プレミア

 大分県日田市の新型コロナウイルス対策の需要喚起策として発行される、30%のプレミアム付き電子商品券の申し込みが1日、始まった。スマートフォンのアプリ「ひたpay」で申し込みから利用までできる。アプリを提供する日田信用金庫によると、電子商品券の発行は県内初で、アプリは券終了後も地域活性化への活用を見込んでいる。

 電子商品券は日田商工会議所などからなる実行委員会が4万口発行する。1口5千円で6500円分使え、申し込みは1人3口まで。市外も含めスマホを持っている人が購入できる。

 申し込みは13日までで、アプリ内で必要事項を記入する。申し込み多数の場合は抽せん。14日からコンビニで購入でき、市内の中小加盟店に設置された専用QRコードを読み取って利用できる。買い物ができる店は11月30日時点で市内の401店。紙の券よりプレミアム率が高く、1円単位から利用できるのが利点で、現金との併用も可能。

 商品券の利用は来年3月31日まで。アプリは商品券終了後も、クーポンや地域通貨などでの活用が検討されている。問い合わせは専用コールセンター=0120(670)400。(午前9時~午後7時、年末年始除く)

 (鬼塚淳乃介)

関連記事

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR