「体の緊張を軽減」障害児が負担なく座れるように 注目集める技術

 肢体が不自由な子どもが本当にリラックスして座れる姿勢とは-。大阪府のNPO法人代表理事、村上潤さん(58)が提唱する独自の姿勢保持技術が、親や支援者の注目を集めている。長年、障害児の椅子を制作する中で「体に痛みや負担がかかりにくいノウハウを検証し、積み重ねてきた実践論」という。福岡市であった...

残り 1829文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR