【動画あり】警官30人の追尾かわし…逃走サル“籠城” 福岡市・天神

西日本新聞 田中 早紀 長松院 ゆりか

 福岡市・天神地区に3日、サル(体長約50センチ)が1匹現れた。警察官らが網を手に追い掛け、繁華街は騒然となった。サルは市役所の地下駐車場に逃げ込み、捕獲作業は同日夜も続いた。けが人はいなかった。

 福岡中央署によると、午前10時半ごろ、天神地区の須崎公園で「サルが走って行った」と110番があり、その後も通報が相次いだ。サルは西鉄福岡(天神)駅周辺で、街路樹や信号機、再開発中のビルの工事現場を移動。通り掛かった同市博多区の会社員橋本篤史さん(42)は「小さい頃に地元で見たことがあるが、天神に出るとは思わなかった」と驚いていた。

 午前7―10時ごろには、同市東区でも「カラスの大群がサルを追い掛けている」などの通報が約20件あった。同区と天神地区を結ぶ福岡都市高速1号線の高架上を走る姿も目撃された。市の担当者によると、天神地区のサルと同一の可能性が高いという。

 サルは午後0時45分ごろ、市役所地下駐車場に入り込み、警察官約30人が捕獲を試みたが、天井の配管を伝って逃げ続けた。市動物園の職員も、鎮静剤を含んだ吹き矢を数回吹いたが命中しなかった。午後9時には駐車場を閉め切って無人にし、バナナなどの餌を入れた箱わなを3基設置した。(田中早紀、長松院ゆりか)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ