からかい乗り越え…高1で吃音告白、周囲が変わった

西日本新聞 くらし面 梅本 邦明

 話すときに言葉が出にくかったり、同じ音を繰り返したりする吃音(きつおん)。周囲の理解や支援を得られず自ら命を絶つ人もいる。吃音がある久留米大4年の亀井直哉さん(22)=福岡県篠栗町=は音読の授業や同級生たちのからかいに悩まされたが、周囲に吃音のことを公言することで理解を広げ、乗り越えてきた。目標は言語聴覚士。吃音に悩む仲間を支える存在を目指す。

 亀井さんが自分の発話に違和感を持ったのは小学校高学年。授業中に何度も言葉に詰まり、話の冒頭に「あのー」「えーっと」と付けて、その場をやり過ごすようになった。

 中学に上がると状態は悪化。朝の出欠確認も「はい」と返事ができず「は、は…」と詰まった。同級生から笑われ、まねされた。

 国語の朗読は特に苦労した。うまく言おうとすると喉が締め付けられるようになる。運動会の感想文の発表では前夜、原稿用紙2枚余りを暗記して臨んだが、5分間の制限時間内に半分しか読めなかった。教師は「無理に全部言わず省略すれば良かったね」と見当違いの言葉で気遣った。授業中、挙手しなくなった。学校に行くのも嫌だった。

 「吃音」という言葉を知ったのは中学3年の冬。スクールカウンセラーから指摘された。知ったからといって、状況は何も変わらない。「これからどうやって生きていくんだろう」と頭が真っ白になった。

 高校1年の夏、九州大病院の吃音外来を受診した。医師の菊池良和さん(42)と一緒にメトロノームのリズムに合わせて本を音読。言語聴覚士の指導も受け、発話を練習した。ようやく光が見えた気がした。

 一方、高校でも笑われることは続いていた。言語聴覚士に相談すると「皆に吃音のことを話してみない?」と提案された。担任には入学後すぐに知らせていたが、同級生には伝えていない。「楽になれるのなら…」。うなずいた。

   *    *

 数日後、亀井さんは教壇に立った。隣で担任が皆に語りかけた。「彼の話し方に違いがあるのは気付いていると思う。吃音という一種の病気だ。からかったりまねしたりすることはやめよう」。亀井さんは「よろしくお願いします」と声を絞り出した。

 放課後、心配とは裏腹に友人は普通に接してくれた。心を覆っていた分厚い雲が晴れるようだった。授業中も気楽になった。

 高校2年の秋、担任の勧めで生徒会に入った。体育館であった新旧メンバーの交代式。舞台上に立ち約800人の前でマイクを握った。「このたび書記を務めます」と言おうとしたが「こ、こ、こ…」。会場から笑い声が漏れた。

 とっさに口から出た。「この話し方はわざとじゃなくて吃音という病気です。一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします」。笑い声はすっと止まり、拍手が起きた。

 以後、学校でからかわれることはほぼなくなった。

   *    *

 久留米大の心理学科に進んだ。「吃音と感情がどう関係するか知りたい」。入学後すぐ、同じ学科の1年生向け講義で、皆に吃音を打ち明けた。

 その年、福岡市であった吃音の悩みを抱える同世代の集会に参加し、その縁で自助グループ「福岡言友会(げんゆうかい)」にも加わった。そこにはさまざまな年齢や職業の仲間が大勢いた。「皆、それぞれの場所で頑張っている。刺激になる」

 亀井さんは大学の卒業論文で、聞き手が吃音の知識を持つことにより、吃音がある人の発話やその人物への印象がどう変化するかを研究している。学生約90人にまず吃音のことを伝えずに当事者の音読の録音データを聞かせ、その印象を「話し好き」「外向的」「親しみやすい」など40項目ごとに8段階で回答させた。その後、吃音の症状や悩みを説明。再び音声データを聞かせて同様の質問をし、回答の変化を分析した。

 亀井さんによると、説明後は外向性や信頼感などで得点が向上。「説明の効果があったと考えられる」という。

 卒業後は言語聴覚士の資格を取得できる大学に改めて進学するつもりだ。「吃音になっていろんなことを経験した。その経験と知識を生かし、発達に悩む子どもたちを支えたい」

(梅本邦明)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ