新型コロナ 福岡県で新たに122人感染 8月以来の100人超

 福岡県では11日、新型コロナウイルスの感染者が122人確認された。1日の感染者が100人を超えたのは8月19日以来で、約3カ月半ぶり。

 北九州市は58人の感染を確認。1日の感染者としては最多だった。うち39人がクラスター(感染者集団)が発生した「やまびこ学園」と「障害者支援施設母原(もばら)」の職員と入所者。生徒4人の感染が確認されていた東筑紫学園高で新たに生徒6人の感染が分かり、市はクラスターと認定した。

 県は31人の感染を確認した。飯塚市のスナック「LE CIEL(ルシェル)」で女性従業員と男性客の陽性が判明。同店の感染者は計6人となり、県はクラスターと判断した。福岡市は32人、久留米市は1人の感染を公表した。

 福岡県警は本部会計課に勤務する30代女性職員の感染を発表。同僚ら二十数人が自宅待機している。

 大分県では26人が陽性と判明した。1日の感染者としては最多。鹿児島県では25人が感染した。クラスターが発生した鹿児島市の飲食店で新たに13人が陽性と分かった。

 長崎県では7人、佐賀県では4人、熊本県では25人、宮崎県では5人が感染した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR