クロヒョウに飼育員襲われる 頭など負傷、意識あり 鹿児島市の動物園

 鹿児島市の平川動物公園は15日、飼育しているクロヒョウ(2歳、雌、体長約1・5メートル)に飼育員の20代女性が襲われ、頭部から出血するなどのけがをしたと発表した。市内の病院に搬送され、治療を受けている。意識はあるという。

 園によると同日午後3時20分ごろ、クロヒョウのおりに餌を置いた女性が、おりの外に出てクロヒョウを観察していたところ、おりの隙間から前足の爪で引っかかれて、側頭部と両手を負傷した。

 園では2018年10月、飼育員の男性がホワイトタイガーに襲われて死亡する事故が起きている。

(片岡寛)

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR