縁起おはじきにアマビエ 糸島市の老松神社、元旦から販売

西日本新聞 ふくおか都市圏版 竹森 太一

 福岡県糸島市の前原商店街で、博多人形の工房を構える天平大雅(本名・小田謙二)さん(65)が、正月用の「縁起おはじき」の制作を進めている。

 2019年に日展準会員(工芸美術)に認定された天平さん。「地元の風物詩になれば」と、5年前から新年に向けておはじきを創作している。コロナ禍の今年は招き猫や小づち、花嫁人形などのほか、疫病退散を願って伝説の妖怪「アマビエ」も加えた10種のセットを用意した。

 木箱入り1セット3800円(税込み)。工房で予約販売するほか、近くの老松神社では元旦からお札付きで売り出し、うち千円は同神社に寄進する。天平工房=092(323)0975。

 (竹森太一)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ