「スマホをOFF、ワタシをON」 長崎・宇久島が民泊PR動画を公開

西日本新聞 もっと九州面 宮崎 省三

 島旅で「脱デジタル」を-。長崎県上五島の宇久町観光協会(佐世保市)は、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器と距離を置き、島の暮らしや観光を楽しむ旅「デジタルデトックス×民泊」を提案している。12月から観光協会の特設サイトでPR動画を公開している。

 デトックスは「解毒」を意味し、体内を浄化する健康法でも広く使われる。

 宇久島の旅は、スマホなどの電源を切って民家に宿泊。朝の浜辺を散歩し、堤防や磯で釣りを楽しみ、水平線に沈む夕日を眺め、宿泊先の料理が味わえる。畜産農家で牛の世話もでき、島の自然や人との触れ合いを通して「心の充電ができる」と呼び掛ける。

 キャッチコピーは「スマホを“OFF”にしたらワタシが“ON”になった」。滞在中はスマホを観光協会に預けることができる。

 2014年に大阪から移住した観光協会事務局長の檜垣督(おさむ)さん(41)は「何もない島だからできる旅。リモートワークなどで疲れた人を癒やします」と島へいざなう。

 インスタグラムやツイッターなど会員制交流サイト(SNS)でもプロモーションを展開中。宇久町観光協会=0959(57)3935。 (宮崎省三)

   ◇   ◇

 イベントの開催 ご確認を 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、イベントは中止・延期される場合があります。お出掛けの際は電話やネットでご確認ください。また、国や自治体の要請に従ってください。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ