『「共に生きる」ための経済学』 浜矩子 著 (平凡社新書、902円)

西日本新聞 夕刊

 グローバル経済がもたらした「格差と貧困」が引き金となり、一国主義や排外主義が台頭している。だが、本当に「グローバル化が諸悪の根源なのか?」。気鋭の経済学者が、分断を回避し、国境を越えて「共に生きる」社会を実現するための課題と解決策を探る。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ