誠心誠意、うそをつく

 「誠心誠意、うそをつく」。戦前、戦後の政界で活躍した三木武吉が言ったとされる。保守合同を成し遂げ自民党結成の立役者となった三木は、その政治手腕から「希代の策士」と呼ばれた

▼敵も味方も欺いたが、私欲ではなく理想の実現のための「うそ」だという矜持(きょうじ)の表れが冒頭の言葉だろう。国民に対しては率直に心中を語ることが多かったという

▼三木が残した自民党の総裁を務め、憲政史上、最も長く首相に在職した政治家の「うそ」に誠心や誠意はあるか。私欲ではないか。安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に開いた夕食会の費用補填(ほてん)問題で安倍氏が釈明した

▼簡単に言えば、知らないうちに秘書がやった▽秘書は自分にうそをついた▽結果として事実と違う国会答弁になった▽自分は不起訴でおとがめなし▽道義的責任は感じるのでおわびします-という内容

▼本当に知らなかったとは信じ難いが、きちんと確かめず「補填はない」と言い張っていたとしたら、政治家失格だろう。国会で「うそ」を繰り返した事実は、口先の謝罪で済まされるはずもない。だが、離党も議員辞職もせず、「初心に立ち返り、全力を尽くすことで職責を果たす」そうだ

略式起訴された秘書が引責辞職したと聞けば、安倍前首相夫人が絡む公文書を廃棄、改ざんした官僚が処分された森友学園問題と重なる。責任逃れに関しては希代の策士かもしれない。

関連記事

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR