動物の紅白鳴き声合戦 30日まで10種の動画配信

 九十九島動植物園森きらら(長崎県佐世保市)の10種の動物が紅組と白組に分かれて鳴き声を披露し、投票数で勝敗を決める「年末の紅白鳴き声合戦」の配信が26日、写真共有アプリ「インスタグラム」で始まった。

 鳴き声を通じて動物たちに親しんでもらおうと同園が初めて企画した。30日まで毎日、2種の動物が約10秒ずつ登場する動画を配信。動画の公開は24時間限定で毎日更新され、フォロワーは鳴き声を聞き比べて投票することができる。

 紅組のトップバッターはライオン「アサヒ」。歩きながら、喉を震わせ低い声を響かせた。一方、白組チーター「キリ」は丸い目をカメラに向け、高音で短く2鳴きしてみせた。今後、鳴き声を聞くことが珍しいレッサーパンダやビーバーなども登場する予定で、担当の飼育員、吉田幸さん(27)は「後半の出場者のためにも接戦になってくれたら」。最終結果は31日にインスタグラム上で発表する。 (平山成美)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR