「来年モー烈に」モルモットからウシ科のヤギへ 干支の引き継ぎ完了

 福岡県飯塚市八木山の民間動物園「ピクニカ共和国」で26日、年末恒例の干支(えと)の引き継ぎ式があった。今年の「子(ね)」と来年の「丑(うし)」にちなみ、モルモットからウシ科のヤギにたすきが渡された。

 同園にはウシがいないため、同園のヤギの中で一番大きい雄のロップがたすきを受け取った。式では、飼育員の中村颯太さん(21)が新型コロナの影響を受けた今年を振り返り、「ゴールデンウイークチュー(中)も春休みチュー(中)も閉園せざるを得なかった中、寄付や応援メッセージをありがとうございマウス(ます)」とあいさつ。「来年はモーれつ(猛烈)にお客様の期待に応えたい」と抱負を語った。

 来園者は記念撮影や動物との触れ合いを楽しんだ。同市の岩本涼汰さん(4)は「ヤギが好き。見るのが楽しかった」と話した。

 開園時間は午前10時~午後5時。2月までは土日祝日の営業だが、年末年始は平日も開園する。ピクニカ共和国=0948(26)4822。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR