核禁止条約の意義考える 長崎、広島、東京をつなぐイベント 1月23日開催

 長崎市は28日、核兵器禁止条約が発効する翌日の来年1月23日に長崎、広島、東京の3会場をオンラインでつなぎ、被爆者や市民が条約の意義を語り合うイベント「核なき世界へスタート!」を開くと発表した。

 被爆者団体や市民団体などとの共催。長崎は原爆資料館を会場にして、長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA)の中村桂子准教授の司会で、ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)の創業者高田明さんと田上富久市長が対談する。

 東京ではカナダ在住の被爆者サーロー節子さんや、国連で軍縮担当上級代表を務める中満泉事務次長のビデオメッセージを放映。広島では若者のメッセージや合唱を配信するという。

 田上市長は記者会見で「条約をどう世界に広げ、未来につなげるか考えるきっかけにしたい」と語った。

(坪井映里香)

長崎県の天気予報

PR

PR