鶏ふん 肥料化、アサリ増やす 福岡の企業が養殖事業参入 

西日本新聞 社会面 岩尾 款

 養鶏で生じる“厄介もの”の鶏ふんを活用し、漁獲量が激減している国産アサリを増やす事業に、養鶏や飲食業を手掛けるトリゼングループ(福岡市)が参入する。2020年夏から熊本県玉名市の漁業協同組合と有明海で進める実証実験で好結果を得ており、21年に同県内でアサリ養殖に乗り出す。鶏ふん由来の肥料の販売は全国展開も視野に入れている。

 アサリ減少は水質改善に伴う海の貧栄養化が原因とみられている。同グループは鶏ふんから作ったブロック型肥料(直径25センチ、高さ25センチ)を海に入れて窒素やリンなどを補給、プランクトンを増やしてアサリの成長を促す技術を開発した。

 ブランド鶏「華味鳥(はなみどり)」などを生産する同グループでは、約30カ所の養鶏場から年約2万トンの鶏ふんが生じる。グループ会社トリゼンオーシャンズは、鶏ふんを乳酸菌や酵母を使って発酵、腐熟させたブロック型肥料を製造。余計な菌やウイルスなどを含まない「優良肥料」の評価を得た。

 国内のアサリ漁獲量は1980年代の15万トン前後から2018年は7736トンに激減。山本民次広島大名誉教授(水圏生態学)によると、高度成長期に工業化や人口増加に伴って赤潮が各地で発生したため、下水処理など水質対策が進んだ。結果、瀬戸内海などの閉鎖性海域では、貝類が食べるプランクトンが吸収する窒素やリンなどの有機分が不足する「貧栄養状態」となった。これがアサリが大きく育たない理由という。

 オーシャンズ社は肥料の活用方法として貧栄養の改善に目を付け、山本名誉教授と18年から実験に乗り出した。広島県尾道市でアサリの稚貝を育てる実験をしたところ、肥料を設置した区画と、しなかった区画で稚貝の生存率や身の太りに明確な差が出たという。

 20年夏からは熊本県玉名市の4漁協と実証実験を実施。同市の大浜漁協によると、2~3センチ程度に育ったアサリが突然いなくなる年が続いたが、浜で稚貝の近くにブロック型肥料を置いたところ、順調に成長しているという。

 こうした成果を踏まえ、21年から同県内で放置されたエビ養殖池を活用し、アサリを稚貝から育てる事業を始める。オーシャンズ社の河津善博社長は「全国の養鶏業者は鶏ふんの処理に困っている。(国連が提唱する)持続可能な開発目標(SDGs)に沿った事業として大きく育てたい」と話している。 (岩尾款)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ