HKTはどこへ向かうのか、1期生が初めて動いた 2021新春座談会(中)

西日本新聞 古川 泰裕

 メンバーの「名言」と「迷言」でHKT48の2020年を振り返る新春座談会。1期生の下野由貴(22)、2期生の上野遥(21)、4期生の豊永阿紀(21)、5期生の上島楓(19)の仲良し4人組のおしゃべりはまだまだ続く。話題は13thシングル「3-2」の選抜発表へ。メンバー入りした上島に、師匠の上野が送ったLINE(ライン)の中身は? そして、新運営会社Mercuryの下で活動が本格化する中、新しい環境で生まれた違和感を解消すべく、1期生たちが動く―。 (古川泰裕)※取材は2020年12月24日

 -3月の名言は「3-2」選抜発表の特別配信番組で村重杏奈さんが放った「なっぴ(運上弘菜)のメンタルはみんなで守ろうな」でした。

 上野「私、下野さんの家で見ていた気がする」

 下野「ああいう時のシゲ(村重)って、本当にすごいなって思う。本当にメンバーのこと、めちゃめちゃ好きなんですよ。メンバーへの愛でしかないみたいな言葉がたくさん普段から…。それがバーンて出たのが、この時かなっていう」

 -この時は全国で緊急事態宣言が出され、外出自粛が求められていた。

 上野「ちょっとマスクとかもね」

 豊永「私用で出るのは控えよう、みたいな」

 -豊永さんにとっては同期の運上弘菜さんがセンターに。

 豊永「いまだに不思議な気持ちです」

撮影中、みかんを落とす豊永阿紀

「かえちゃん、私もLINEをしたんだけど」

 -上島さんは初選抜だった。

 上島「選抜ですって言われた時、阿紀さんと一緒にいたんですけど、外にいたから、お母さんに電話したんですよね。めちゃ号泣しちゃって。でもうれしいっていう気持ちより、やばいっていうか不安の気持ちの方が大きかったんですよ。で、選抜発表が終わって、はるたんさんからLINEが来ていて。え、読みましょうか?」

 上野「やめてよ!」

 上島「全部は読みたくないけど『不安な気持ちはあると思うけど、選抜になってくれてありがとう』って書いてあったんですよ。そこでめっちゃ泣きました」

 上野「はずいはずいはずいはずい」

 下野「かえちゃん、私もLINEをしたんだけど」

 豊永「あれ(笑)」

 上島「全部キープしてます。キープしてます!」

 豊永「私、一緒にいたのに(笑)」

 下野「全メンバーに言う前に選抜メンバーに伝えられていて、だからかえちゃんは先に知っていて。(選抜メンバーへの)発表があった後に、ゲームの撮影があって。私は選抜発表があったかどうかは何も知らないけど、そこでかえちゃんが会った瞬間に泣きだしたから『ああ、これは絶対そうだな』と思って。理由を聞いても言ってくれないから(笑)。『まあそうだろうな』と思って、LINEを送る準備をしていました」

 上島「自分が選抜になったことで、なんでだよって思う人は絶対いるだろうなって、その時は思っちゃうから」

 豊永「思っちゃうよね」

 上島「『自分の方が頑張っているのに』と思われたくなくて」

 下野「かえちゃんに関してはないと思う」

 上野「誰も思わないよ」

 上島「死ぬ気でやろうと思ったんですけど、ミュージックビデオの撮影が寒すぎてマジで死ぬかと思いました」

 豊永「寒かったね! 本っ当に寒かった」

 下野「死ぬ気でやろうと思ったのに(笑)」

 上島「死ぬ気でやろうと思ったら、マジで」

 豊永「死にかけた(笑)」

 上島「うまい?」

 下野「うまいね」

 豊永「うまいうまい」

 下野「大喜利じゃないから(笑)」

 上島「はるたんさんのLINEがなかったら、ずっと不安なまま、いろいろと迎えていたと思います」

 上野「絶対に楓、そのことに関して不安を感じていると思ったんですよ。私は本人から選抜に入ったとは聞いていないけど、絶対にそう感じるだろうなと思ったし、楓が入ってくれるのはシンプルにうれしかったから。HKTにとっても、私にとっても」

 下野「私もLINEをしたのに」

 上島「したよ、見たよ、読んだよ。全部読んだよ」

 下野「はるたんさんのLINEがなかったら、ということは、私のLINEはなくてもよかったということですかね」

 豊永「そういうことになりますね」

 上島「ちょっと…。はるたんさんと下野さんのLINEがあって、ということに…」

 下野「笑笑笑」

 上島「でも、選抜になってくれてありがとうって、なかなか言えないじゃないですか」

 下野「(上野に)一緒に見てたよね」

 上野「下野さんの家のソファで。知ってたけど、大体誰が入ったのか。分かるんですよ」

 豊永「動きとかでね…」

 上野「だけど、あれを一人で見るのって、けっこう重くて。自宅で一人だったら、見なかったと思うんですよ。大体知っていたから。でも下野さんと一緒だったから…」

 下野「なんで見ようってなったんだろうね」

 上野「分かんない。でも確信はなかったじゃないですか。誰がセンターとか」

 下野「はるたん(選抜に)入っているんじゃないかって、ちょっと思ってたんですよ(笑)」

 上野「私たち、お互いに思ってるんですよ(笑)」

 下野「入ってほしいから(笑)」

 上野「ダイレクトメールでやりとりしましたよね(笑)」

 下野「番組にメンバーが出ているとは思っていなかったから、はるたんだけが入っているパターンだったら一緒に見るの気まずいなって…」

 上野「私、入ってないって言いませんでしたっけ」

 下野「言ったから一緒に見たのかな」

 上野「たぶんそう」

 下野「そう言ってなかったら見ていないよね。お互いにどちらかが入っていると思っているから(笑)」

 上野「そう。片方だけいつも入っていると思っているから(笑)」

 下野「別に気まずくはならないけど、ちょっとアレだなあと思ったから。だからお互いに『え、入ってる…?』みたいな」

 上野「ちょっと探った時ありましたよね、文面で」

 下野「『誰々が入っているっぽいねー!』みたいな(笑)」

 上野「あれLINEか(笑)」

 下野「誰々がちょっと、入ってるぽいねぇ!みたいな(笑)」

 上野「Lit chram(リットチャーム)の楽曲があってうれしいですね、みたいな話をしていて」

 下野「それだ!」

 豊永「表題曲があるってことだからね(笑)」

 上野「私は入っていないけど、下野さんは入っていると思ったから」

 下野「何で思うの(笑)」

 上野「そっちだって何で思うのって感じだから(笑)。りこぴ(坂口理子)はこう言っていました、とか(笑)」

 下野「りこぴはこう言っていたから、はるたんは入っていないのか…な?」

 豊永「情報戦(笑)」

 下野「ずっともう、刀の柄に手をかけて見合っている状態みたいな(笑)」

 上野「深夜にね(笑)」

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ