ラーメン名店「長浜将軍」2月復活へ 大分の同業社長「ブランド守る」

 全国的に知られた「長浜ラーメン」の人気店で、新型コロナウイルスの影響により昨年春に経営破綻した「長浜将軍」(福岡市)の味が復活することが、4日分かった。ファンの一人で、大分市を拠点にラーメン店を展開する会社社長、吉岩拓弥さん(42)が「思い出の味を守りたい」と、味とのれんを受け継ぐ。福岡県那珂川市の支店跡を改装し、2月4日の開店に向けて準備を進めている。

 創業は1975年。88年に屋号を長浜将軍と改め、福岡市中央区の長浜本店を軸に店舗を拡大した。だが、近年は同業他社との競合が激化。さらにコロナ禍が追い打ちをかけ、昨年3月末に福岡、那珂川両市の4店を閉じた。

 「足しげく通った青春の味をとにかく残したかった」。復活に名乗りを上げた吉岩さんは九州産業大(福岡市)出身で、学生時代に長浜将軍と出合った。あっさりめのスープに長浜らしい細麺が調和した、地元・大分にはない一杯のとりこになった。「特に高菜をトッピングするのが大好物。本当においしかった」と振り返る。

 卒業後は地元に戻って家業のラーメン店を継いだ。経営の才覚を発揮し店舗を増やしながらも、激戦区である福岡都市圏への出店は考えたことすらなかった。

 そんな中、ニュースで長浜将軍の廃業を知った。思い出の味の危機にこれまでの考えを変え、昨年4月に破産管財人と交渉を開始。8月に商標権と営業権を取得し、ラーメン、高菜のレシピを譲り受けた。元従業員を雇い入れ、同じ製麺機を使うなどして味を再現。屋号は「二代目長浜将軍」と決めた。

 社長を務めるヤマナミ麺芸社は、大分、福岡、熊本のロードサイドを中心に「太一商店」などのラーメン店を展開。コロナ禍で飲食業界は厳しい状況が続いているが「郊外のマーケットは広がっている」とみており、これまで培ってきたノウハウをつぎ込む。

 「今回は経営的な判断より、自分の思いが強い。一日でも長く『長浜将軍』ブランドを守っていきたい」。昨年、大打撃を受けた飲食業界にラーメン界から明るい風が吹く。 (小川祥平)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR