崖っぷち59歳「水上のグレートマザー」 引退ささやかれても…復帰戦へ闘志

西日本新聞 田中 耕

 ボートレース界を59歳でけん引してきた日高逸子さん=福岡市=が、崖っぷちに立たされている。現役最年長、生涯獲得賞金は女子最高となる10億円超の「グレートマザー」だが、昨年、最低階級に転落した。周囲で引退がささやかれる中、「はい上がるのも私の人生らしい」と現役続行を宣言。2月の復帰戦に向け闘志を燃やしている。

 日高さんは1985年にデビューし、通算2千勝、優勝75回を達成するなど、数々の金字塔を打ち立ててきた。主夫兼マネジャーの夫(59)と娘2人を育てる母でもある。

 最高ランクのA1級から、最低のB2級への降格が決まったのは、福岡で開催された昨年9月5日の最終戦だった。無事故で完走すればA1は維持できた。「でも守りの戦いはしたくなかった。ファンの期待に応えるのに必死だった」。わずか100分の1秒早くスタートを切ってしまった。

 日高さんにとって、前期(5~10月)3回目のフライングだった。フライングは出場停止処分を受ける。1回目は30日間、2回目は60日間、3回目は90日間、さらにマイナスポイントが加算される。

 3回目は「選手生命の危機」を意味する。出場停止期間中は無収入で、ポイント次第で降格もあるからだ。日高さんはB2への降格となった。レース出場機会が最も少なく、A1復帰は不可能に近いとされるB2。引退する選手もいるが、日高さんは違った。

 「私は『逆転人生』を歩んできた。ここでは辞められない」

 宮崎県都城市出身。幼少期から、父の暴力や母との突然の別れなど、さまざまな逆境を乗り越えてきた。

 「それに比べたら大したことはない。私の力が落ちたわけではなく、ミスで崖っぷちに立たされただけ。ここからはい上がって、どこまでやれるか自分自身も楽しみにしている」

 ボートレース界のレジェンドは、2月の復帰戦で奇跡のA1返り咲きに挑む。(田中耕)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ