工藤会系組長に懲役1年求刑 証人威迫事件で検察側【工藤会裁判】

西日本新聞 社会面

 特定危険指定暴力団工藤会のトップらが関与したとされる事件の公判に証人として出廷した男性を脅したとして、証人威迫の罪に問われた同会系組長、鹿子嶋文男被告(67)の公判が6日、福岡地裁(神原浩裁判長)であり、検察側が懲役1年を求刑して結審した。判決は20日の予定。

 検察側は論告で「組織の地位を背景にした悪質な犯行で、刑事司法作用を害する恐れが高い」と主張。その上で「今後の工藤会に関する公判で証言予定の証人が、出廷に消極的になる可能性もある」と述べた。

 弁護側は最終弁論で「事件は証言後で、公判の適正な運用に与えた影響は現実的に少ない」として、執行猶予付きの判決を求めた。

 起訴状によると、鹿子嶋被告は昨年1~4月、福岡地裁で審理中の工藤会トップで総裁の野村悟被告(74)らの公判に出廷した男性に対し、電話や面会で「なんで悪く言ったんか」などと脅し威迫したとされる。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ