水炊き薄まる存在感…博多の郷土料理復権へ ぽん酢メーカーPR

西日本新聞 九州経済面 岩尾 款

 博多の郷土料理、水炊きの存在感が家庭で薄くなっている。キムチや豆乳など「しっかり味」の鍋用調味料(鍋つゆ)に押されているためだという。鶏から出るだしのうま味をぽん酢で味わう水炊きの復権へ、調味料メーカーや農協がPRに乗り出した。

 水炊きは、鶏肉を長時間煮込んでとったスープとともに、野菜や豆腐を煮込んで、ぽん酢で味わう。博多発祥とされ、全国に広がり、すき焼きやしゃぶしゃぶとともに鍋料理の定番となっている。

 一方で近年、調味料メーカーは鍋つゆに力を注いでいる。キムチ、豆乳、カレー、鶏白湯など多彩な味を展開し、鍋料理の選択肢は広がった。業界関係者によると、こうした「しっかり味」は子ども受けも良い。市場調査会社インテージ(東京)の全国調査によると、水炊きが家庭で夕食に出る割合は下がり、2019年下期は1000食当たり7・46回になったという。

 調味料メーカー、ミツカン(愛知県半田市)の主力商品「味ぽん」は、同社7代目が福岡市の水炊き専門店で味わったぽん酢のおいしさに感動し、開発が始まったとされる。

 ミツカンは、家庭での水炊きの存在感低下を危ぶみ、昨年12月にJA全農ふくれんと提携して福岡県産セロリを使った水炊きのPRを展開した。同社によると、水炊きの本場九州でも鍋つゆの販売が伸びる一方で、ぽん酢は減少。ぽん酢市場は17年をピークに縮んでいるという。

 営業担当者は「味ぽんは売れてくれないと困るわが社の看板商品。新しい食べ方も試し、水炊きとともにおいしさを再確認してほしい」と話す。 (岩尾款)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ