宮崎、独自の緊急事態宣言 飲食店に時短要請 不要不急の外出自粛を

西日本新聞 社会面 佐伯 浩之

 宮崎県は9日、新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言を発令した。県全域で不要不急の外出自粛や飲食店の営業時間短縮などを要請。期間は22日までだが、感染状況を見極めた上で延長か、国に緊急事態宣言の検討を求めるかなどを判断する。

 県は宣言に伴い、県外との往来自粛▽イベントの中止▽会食の人数制限▽テレワークや時差出勤の推進-などを求める。営業時間の短縮要請は、レストランや喫茶店などを含む全ての飲食店が対象で、午後8時まで。要請に応じた店への協力金は、酒類を提供する店は1日当たり2万円を支給予定だったが倍増することを8日に決定。酒類を出さない飲食店にも同額の4万円を支給する。酒類提供店は9日から、それ以外は準備期間を設けるため11日から適用する。

 県では年末から感染拡大が続き、7日には過去最多の105人の陽性が確認された。 (佐伯浩之)

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ