亡き娘が振り袖姿に…油絵で成人式 級友と笑顔の“再会”

 熊本県荒尾市で10日に開かれた成人式の会場では、晴れの日を迎えた新成人の席に、振り袖姿の女性を描いた1枚の油絵が置かれた。3年前、いじめを苦に自ら命を絶った県立高3年の女子生徒=当時(17)。「果たせなかった晴れ姿を」。両親が20歳に育った姿を画家に依頼して精緻な油絵にしてもらった。同級生たちは油絵を会場に持ち込み、亡き友とともに門出を祝った。

 「知華と成人式に出られたらなぁ」。油絵制作は、亡くなった深草知華さん宅を頻繁に訪れる近所の幼なじみのつぶやきがきっかけだった。両親の悲しみが癒えることはないが、節目を友人たちと迎えさせてあげたい。そんな思いから亡くなる直前の写真を基に、知華さんが好きだった水色を基調にした振り袖姿を描いてもらった。

 県の再調査委員会は昨年5月、いじめを認定し、学校や県教育委員会の対応に問題があったとする報告書をまとめた。ただ、通っていた高校では当時を知る教員も少なくなり、両親は問題の風化を懸念する。

 そんな中、声を掛け続けてくれる同級生の存在は心の支えになっているという。「亡くなった後、何度もふらっと知華に会いにきてくれる。感謝しかありません」。母親の志乃さん(47)はそう話す。

 成人式では、同級生たちが油絵を囲んで記念撮影。小中学校時代の同級生の隅倉瑞穂さん(20)は「当時、知華さんの苦しさに気付いてあげられず後悔する気持ちもあった」と打ち明けた。それでも「今日、一緒に参加できてよかった。『おめでとう』と声を掛けた」と笑顔を見せた。

 式の後に絵を届けてくれた同級生たちに、志乃さんは写真立てとメッセージカードを贈った。「なぜ娘がいないのか考えると苦しい。でも知華なら友達の未来をきっと応援しているはず」と目頭を押さえた。そして同級生の姿が消えた後、知華さんにそっと語りかけた。「良かったね」

 (綾部庸介)

熊本県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR