Xの謎と「Gの悲劇」 井上裕之

西日本新聞 オピニオン面 井上 裕之

 「X」の正体は何か。新型コロナウイルス感染症の世界的流行が始まって以来、iPS細胞研究者の山中伸弥さんの仮説が注目を浴びてきた。

 日本の感染者は欧米に比べると、桁違いに少なく、重症化率も低く推移してきた。それはなぜか。山中さんは生活習慣の違いに加え、何らかの医学的要因などが潜んでいると分析し、それらを「ファクターX」と名付けた。

 ところが、ここに来て「もう一つのX」が頭をもたげてきた。アジア、とりわけ東アジアの中では、実は日本の感染者が突出して多い。その理由は何か。昨年末からの急激な感染拡大も気掛かりだ。

 累計感染者は日本が30万人に迫るのに対し、中国や韓国はその3分の1以下、台湾は千人未満にとどまる。東南アジアでも、タイやベトナムは日本を大きく下回る。国情の違いもあるが、この状況を意外に思う人は多いはずだ。

 前者の「X」に関しては、いくつかの推論がある。一つは結核の予防ワクチンBCGとの関係。BCGの接種が推奨されている東アジアや東南アジア諸国は新型コロナの流行規模が欧米より小さい。BCGには従来、免疫力を高める効果があるといわれ、それが感染の抑止につながった可能性が指摘されている。

 アジアではこれまで、肺炎や風邪の症状を引き起こす別種のコロナ感染症が流行してきた。そのため、新型でも遺伝子構造が似通った今回のウイルスに対して免疫機能が働いた人が多いのではないか、との見方もある。いずれも、アジア地域に特有の要因が存在し得るという分析だ。

 では、「もう一つのX」は何か。それは1文字で表すなら「G」ではないか。五輪と「Go To」事業だ。

 政府は新型コロナの流行当初、PCR検査の件数を絞った。それにより、日本の感染者は少なく東京五輪開催は大丈夫だ、という状況をいわば演出しようとした節がある。

 実際は感染実態の把握が遅れ、最初の緊急事態宣言に追い込まれた。その後、景気回復を急いで旅行や飲食の喚起事業に走った。その結果、国民の緊張感が再び緩んだ感は否めない。政府は今になって「人流」と「飲食」が感染拡大の主要因と強調する。なにをかいわんや、である。

 緊急事態の再宣言に当たり、菅義偉首相から反省の弁は聞かれなかった。五輪も地域経済も共に重要だ。しかし為政者が功を焦り、責任を国民に転嫁するようでは先が危うい。有名な推理小説の題名になぞらえるなら「X…」、いや「Gの悲劇」になりかねない。 (特別論説委員)

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR

注目のテーマ