お酒のたるでベンチ ラクダの毛でじゅうたん 創作家の仕事場取材

西日本新聞 こども面

 もっこうしゅげいなどのものづくりはきですか? そうさくふうみずひさかつさん、まゆみさんのごとこうぼうSHIMS(シムス)」(ふくおかけんみやわか)をこどもしゃ5にんたずねました。

 おおきなとびらをくぐると、こうもくざいならもっこうひさかつさんのごとがあった。まずはいったのはおおきなさかだる。となりにはすわめんがなだらかにがったベンチ。ひさかつさんが「おさけのたるをさいようしたベンチです」とせつめいした。たるのきょくせんかしてくつべらやあしつくるそうだ。ながねんさけじゅくせいさせてきたさかだる。バラバラにされ、さびやよごれをとされ、あじわいのあるもくざいまれわっていた。

 いえさかだったというひさかつさんは「みんなとおなじくらいのころから、おさけのびんがはいったばこをバラしてなどをつくっていた」ともっこうになったきっかけをはなしてくれた。

「このたるがベンチや椅子になる」と話す清水久勝さん
「こんな物まで?」と驚くアイデア作品がたくさんあった

 

 ごとにはほかにもケヤキなどのもくざいつくったものならんでいた。くろったのかな?とおもったペーパーナイフのさきは、もともとくろなコクタンというもくざいだという。もっこうやテーブルをつくるイメージだったけれど、バターケースやレモンしぼりなど「こんなものまで!」とおどろくアイデアにあふれていた。

 「つぎは2かいにどうぞ」。まゆみさんにつづいてかいだんのぼると、おおきなはたがあった。まゆみさんはテキスタイルさっぬの、というのテキスタイルにはいろいろなしゅるいがあるそうだ。まゆみさんは「わたしこまかいせんからめてかためたフェルト、たていとよこいとこうさせたおりものさくひんつくっています」とおしえてくれた。

 使つかざいひつじやラクダのあさきぬなどさまざま。ようもうのフェルトはコートやぼうてられ、つむいだラクダのはふわふわのじゅうたんにられていた。まゆみさんは「どうぶつまもるためのひとからだあたためるものをつくるときは、ひつじさんありがとう!というち」とほほえんだ。

フェルトで作られた帽子とコートをまとう篠原千陽記者
フェルトの帽子をかぶる吉田つぐみ記者

 フェルトせっけんづくりをたいけんした。まずせっけんをふんわりとしたようもうでくるみ、お湿しめらせた。「ひよこをなでてるみたい」とおもいながらりょうでこすっていると、せんからってフェルトらしくなった。せっけんがけずにながちし、もおしゃれ。あらうのがたのしみだ。

 ふうならおなものつくるイメージがあったけど、まったくちがったのでおどろいた。おたがいにそうだんしたり、2人ふたりさくひんをコラボレーションさせたりもするとき、「なかしでいいな」とおもった。

フェルトの材料になる色鮮やかな羊毛。せっけんを包んでフェルトせっけんを作った 
フェルトせっけん作りをするこども記者たち

【こども記者の感想】

まいしゃ/福岡県うきは市・江南小4年

 みずさんたちはさくひんかんせいしたときのあいなどをるのがたのしく、じょうにできると「つくってかったな」とおもうそうだ。わたしもフェルトせっけんががいじょうにできたのでうれしかった。せっけんは使つかったあとも、フェルトをキーホルダーなどにできるという。

しのはらはるしゃ/福岡県古賀市・舞の里小5年

 たるのさいようはエコでいいなとおもった。わたししゅげいさっになりたいのでいまなにをしたらいかいた。まゆみさんは「すてきだな、とおもうことをためておくといい」とおしえてくれた。しょうらい、まゆみさんのようなしゅげいさっになりたいとおもう。

かんなで木を削る作業を体験

つちはしさやかしゃ/福岡市・西南学院小5年

 じっさいにかんなでけずらせてもらったが、ちからのいるぎょうだった。なんかいかえすうちにやりやすくなってきて、おもしろいとかんじられた。フェルトをかためるぎょうこんひつようで、けっこうたいへんだった。かんせいしたカラフルなフェルトせっけんがいえせんめんじょあざやかにげてくれている。

ぐちしゃ/福岡県大野城市・大野南小学6年

 まゆみさんにしゅざいをしていて、とてもていねいかただとおもった。そのゆうは、おきゃくさんのためにていねいていねいさくひんつくっていたからだ。もっこうさくひんにはたことのないものわったかたちがあり、わたしいたいほどおしゃれだった。さくひんはどれもとてもひとおもいだとおもった。

よしつぐみしゃ/福岡県大野城市・大利小4年

 かんなというどうけずると、とてもいいかおりがしてアロマみたいだとおもった。もとはおおきなだったもくざいには、えだおもさでできたガタガタしたシワがあった。100年くらいきていただそうだ。はじめてのしゅざいでドキドキしたけど、たのしくできたのでよかった。

工房SHIMSの清水久久勝さんと清水まゆみさんにインタビューした
工房SHIMSの入り口に立つ清水久勝さん(左)とまゆみさん

てんかいじょうほうなどはこうぼうSHIMSのウェブサイト

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ