内村選手、リンガーハットとの契約終了 コロナ禍で業績悪化

西日本新聞 伊藤 瀬里加

 外食チェーンのリンガーハット(長崎市)は12日、体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平選手(32)=長崎県諫早市出身=との所属契約を2020年12月末で終了したと発表した。契約は21年末までだったが、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化のため継続を断念した。

 内村選手は16年リオデジャネイロ五輪後にプロ活動を始め、17年3月に出身地の長崎県で創業した同社と契約を結んだ。同社は公式ホームページ上で「想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断」と説明し、「内村航平選手の想いの実現と、日本のみならず世界の舞台でのさらなるご活躍を、心よりお祈り申し上げます」と祈念した。

 種目別鉄棒に絞って東京五輪を目指す内村選手は自身の会員制交流サイト(SNS)に「プロ転向してから今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」などとコメントした。(伊藤瀬里加)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ