唐津市業務のデジタル化支援 ソフトバンクのエンジニア着任

西日本新聞 佐賀版 野村 創

 佐賀県唐津市役所のデジタル化を進めるため、通信大手ソフトバンクから派遣された情報通信エンジニアの佐藤伸行さん(49)が12日に着任、峰達郎市長にあいさつした。2023年12月末まで3年間、業務のペーパーレス化などに取り組む。

 佐藤さんは同社5G&IoTエンジニアリング本部に所属。三大都市圏に本社機能を持つ企業の社員を自治体が受け入れ、地域活性化を目指す総務省のプログラムに基づき派遣された。同プログラムでソフトバンクの人材を受け入れる自治体は九州初という。

 佐藤さんは「ソフトバンクの知見をどう活用できるか模索しながら、庁内業務にお力添えしたい」とあいさつ。峰市長は来夏に新市庁舎への移行を予定していることを紹介し、「市が持続可能な自治体として頑張っていくために、経験をフィードバックしてほしい」と述べた。 (野村創)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ