「福岡との往来自粛を」佐賀県知事が呼び掛け 患者用病床増を検討

西日本新聞 佐賀版 北島 剛

 山口祥義知事は13日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、「福岡県との不要不急の往来や県外での会食を自粛してほしい」と県民に呼び掛けた。

 県内では12日に過去最多の32人の感染が判明。新型コロナ患者向けの病床使用率は26・7%まで上昇した。山口知事は「県内はステージ2(感染者の漸増)という認識だが、ステージ3(急増)が近づいている。予断を許さない状況だ」と述べ、往来自粛の徹底で「感染は縮小していく。これからの県の大きな分かれ目だ」と強調した。

 会議では、政府の緊急事態宣言が出された福岡県に由来する感染が多いことや、同県に隣接する鳥栖市や基山町で患者が増えていることが報告された。

 会議後、記者団の取材に応じた山口知事は新型コロナ患者用の病床増を検討していることを明らかにした。 (北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ