エネルギー問題など論議 唐津市長選討論会 立候補予定の2人

 佐賀県唐津青年会議所は14日、唐津市長選(24日告示、31日投開票)の立候補予定者を対象にした討論会を市内で開いた。再選を目指す現職峰達郎氏(60)と、元市議の新人宮崎千鶴氏(66)が出席。エネルギー問題や唐津の未来像などについて意見を交わした。

 エネルギー問題で峰氏は「地球温暖化防止に向けて温室効果ガスを削減しなければならない。原子力への依存を抑えつつ、再生エネルギーを動かさないといけない」と強調。太陽光発電や洋上風力発電に力を入れるべきとの考えを示した。

 宮崎氏は九州電力玄海原発(玄海町)について「唐津は実質的に立地自治体。言いたいことははっきり言う立場を持つべきだ」と主張。原発再稼働などに対する事前了解権を持つ立地自治体並みの権限が必要との認識を示した。

 唐津の未来像に関しては両氏とも人口減少対策の必要性に言及。峰氏は「起業や商店街の空き店舗活用に向けた支援が必要。テレワークの環境整備など、移住の魅力づくりもしないといけない」と述べた。宮崎氏は「美しい自然と歴史を生かし、観光に特化した街づくりが必要。女性の視点で行政をゼロベースで見直したい」と訴えた。

 討論会は新型コロナウイルス感染を防ぐため、無観客で実施。テーマは市民1385人を対象に事前実施したアンケートを基に選んだ。唐津ケーブルテレビジョンと動画投稿サイトユーチューブ」の同会議所公式チャンネルで19~23日に放映する。 (野村創)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR