西鉄が高速バス運休、減便 福岡-島原など新たに17路線

 西日本鉄道(福岡市)は15日、福岡県への新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言発出を受け、新たに高速バス計17路線を今月20日以降、順次運休や減便すると発表した。期間は当面の間。他の路線でも減便を検討している。

 20日から、福岡-島原、福岡-下関、北九州-別府・大分の3路線を運休。福岡と鹿児島、宮崎、延岡、熊本、黒川温泉を結ぶ5路線で、それぞれ運転本数の約3~4割減便する。

 23日からは福岡と佐賀、日田、大分、佐世保、別府、湯布院を結ぶ路線を約2~3割減便。黒川温泉行きはさらに1日2便に半減する。福岡空港と久留米、佐賀、大牟田・荒尾を結ぶ3路線も約2~4割減便する。

 (古川剛光)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR