『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』 (1650円)

 アフガニスタンで用水路建設や医療活動を続けるさなか、凶弾に倒れた中村哲医師。本書は、死の2日前に本紙に掲載された寄稿をはじめ、本人による過去の時事評論や随想を再編集した。干ばつや飢餓と闘う現地の暮らしぶりを捉えた写真も多数収録。「そこに暮らす命がある」と実感させてくれると同時に、「目をそらすな」と著者に叱咤されるかのようでもある。異常気象が多発し、自国第一主義がはびこる今日、著者から学ぶべきものは多い。1650円。ビジネス編集部=092(711)5523。

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR