佐賀県で新たに18人感染 警察官や病院職員 市教委職員も

 佐賀県は16日午後8時までに、10~80代の男女18人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県が確認した感染者は累計749人。15日に感染が分かった佐賀市の30代男性は県警の警察官であることも明らかにした。県警職員の感染は初めて。

 県警によると、男性は高速隊所属で14日朝まで勤務。一緒に勤務していた警察官2人は陰性だった。2人を含む隊員8人を自宅待機にしているが、現時点では業務に支障はないという。

 県などは15日の感染者の詳細も明らかにした。江北町の10代男性2人は県内の学校に通う中学生。同じ中学に通う生徒の陽性が14日に分かり検査を受けた。鳥栖市の10代と20代の男性2人はサッカーJ1サガン鳥栖の選手でチームの定期検査で判明。神埼市の40代男性は市教育委員会の職員だという。

 佐賀市の県医療センター好生館も15日、職員1人の感染が14日に判明したと発表した。入院や外来患者への感染の可能性は低く、診療業務への大きな影響はないとしている。 (野村有希、星野楽)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR