「飛ばすぞ」で国民は動かぬ

 菅義偉政権が発足して間もない昨年10月、私はこのコラムで、菅首相の「『反対すれば飛ばす(左遷する)』という脅しで官僚を動かす」政治手法を批判した。「説得」で人を動かしてこそリーダーなのであり、説得の労を惜しんで安易に人事を使うのは指導者として横着な姿勢ではないか、という趣旨だった。

...
残り 1197文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR