誰をかむ?「厄払い」獅子頭づくり 小学生ら、段ボールで思い思いに

 頭をかんでもらうと厄が払えるとされる獅子頭を作る催しが17日、福岡市美術館であった。参加した小学生たちは段ボール製の頭を組み立て、思い思いの模様や表情を施した。

 郷土芸能に触れてもらおうと市文化芸術振興財団などが主催。同市の九州産業大造形短期大学部の森下慎也講師が頭をデザインした。講師自身が舞い手とあって、内部に持ち手が付いた本格仕様。作るのが難しい部分は学生スタッフに手伝ってもらいながら、約1時間で仕上げた。

 「お姉ちゃんをかんであげたい」と話した男児(7)の父親は、「姉弟げんかが減るかも」とにやり。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR