大火砕流「定点」被災遺構に 普賢岳災害取材拠点 発生30年控え整備

 消防団員ら43人が犠牲になった1991年6月3日の雲仙・普賢岳(長崎県)の大火砕流から30年となるのを機に、報道陣の取材拠点となっていた同県島原市の「定点」一帯の整備が17日、始まった。定点で亡くなった人たちの慰霊とともに、火山災害の教訓を伝える被災遺構として保存する計画で、同日は住民ら約70人が草刈りをした。3月に完了する予定。

 保存に乗り出したのは島原市安中地区の町内会連絡協議会(33町内会)。普賢岳の溶岩ドームを望む定点一帯の約千平方メートルを整地し、火山灰から掘り出した報道関係の車や被災状況が分かる案内板を設置する。

 大火砕流では、立ち入りが制限された避難勧告地域内で報道陣が取材を続けていたため、報道陣のほか同行のタクシー運転手、定点付近で警戒や避難誘導に当たっていた消防団員12人と警察官2人も命を落とした。定点の保存整備に長い時間がかかった背景には、地元に残っていたマスコミへの複雑な感情があった。

 現場には島原市が2001年に設けた三角すいの白い木製モニュメントがあるだけで、報道関係の車やタクシー計4台は大量の火山灰に埋もれたままとなっていた。

 数年前から、定点で手を合わせる消防団員の遺族の姿が見られるようになった。町内会連絡協議会の阿南達也会長(82)は「地元として被災体験の継承と慰霊を続ける責任がある。定点で起きたことを伝え、災害を考えていきたい」と話す。(真弓一夫)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR