北九州の魅力「ほどよく都会で田舎」73% 学生107人アンケート

 大学生へのアンケートでは、北九州市での暮らしや魅力、就職などについても質問した。市の魅力について「ほどよく都会で田舎」と答えた人が107人中78人(73%)で最多。一方で最も魅力を感じる都市として北九州市を挙げた人は20人(19%)にとどまり、福岡市の半数以下だった。北九州市内で就職したいと答えた人は22人(21%)で、若い世代の流出が続く近年の状況を裏付ける結果となった。

 北九州市の「魅力」について、複数回答可の選択形式で質問。「ほどよく都会で田舎」に続いて、「食べ物がおいしい」41人(38%)、「交通の便が良い」34人(32%)となった。

 「よりよい街づくりに期待すること」(複数回答可)では「安心・安全な街づくり」が58人(54%)で最多。「レジャー・娯楽施設の充実」54人(50%)、「おしゃれなスポットが増えること」47人(44%)と続いた。

 北九州市の治安について市外出身者77人に聞くと、転入前は約7割が「良くない」「あまり良くない」と感じており、「暴力団が多いと聞いていた」「(ド派手な衣装の)成人式の印象が強すぎて」などの声があった。

 ただ、転入後は56人(73%)が治安のイメージが「良くなった」「やや良くなった」と答えており、「住んでみると住みやすく、防犯活動も行っているので良い印象」などの回答が多かった。

       ◆

 北九州市は、転出者が転入者を上回る「転出超過」が2014年から4年連続で全国ワースト。とりわけ20代は世代別で転出数がいずれの年も最多で、市は就職を控える若者の定着に取り組んでいる。

 「北九州市内で就職したいか」との質問に「いいえ」と答えたのは約半数の54人。このうち「住む魅力がない」が理由として最多で20人、「就職したい企業がない」が14人だった。

 地元企業の説明会やインターンシップには63人(59%)が参加したことがなかった。

 最も魅力を感じる都市は福岡市がトップで42人(39%)。東京都18人(17%)、京都市10人(9%)だった。

 福岡市のJR博多駅周辺や天神に遊びに行く頻度は、「月に1、2回」が27人(25%)、「2、3カ月に1回」が38人(36%)などとなっており、「行かない」人はわずか8人(7%)だった。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR