再宣言下、夜の久留米ひっそり 時短に店主ら悲鳴、一方で緩みも

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、福岡県を含む11都府県に緊急事態宣言が出されてから、初の週末を迎えた16日夜、飲食店などでは要請に基づく時短営業も始まった。店主らからは戸惑いや悲痛な声が上がる一方、コロナなど「どこ吹く風」のような酔客の姿も。二度目の宣言に揺れる街を歩いてみた。

 暖かな16日の昼下がり、久留米市の商店街には普段と変わらない人通りがあった。特に子連れや若者が多い印象を受ける。しかし、多くの飲食店で、店内の客の姿はまばら。時短要請で夜の営業が十分できない上に、日中の集客も思うように行かない店が多いようだ。経営者の女性は「飲食店は社会に絶対に必要な類いのものでは無いから、仕方ないのかもしれない」と弱々しく笑った。

 同日午後8時すぎ、再び同じ商店街を訪れると、日中とは打って変わって人の姿は見えず、開いている店も見当たらない。

 シャッターを閉めた店内で片付けを急ぐ40代の飲食店主は「営業してないことをアピールしないと怖い。時短に応じていない店としてSNS(会員制交流サイト)にでもあげられたら…」。この日は午後4時半から3時間、店を開けてみたものの売り上げは通常の1割程度。「一週間ほど様子見で開けてから今後の方針を考える」という。

   ◇    ◇

 同市の歓楽街「文化街」では、スナックや居酒屋などの多くが店頭に臨時休業の案内を掲示。午後8時すぎの通りは普段より暗い。同8時半すぎには、時短営業を終えた店の従業員だろうか、雑居ビルを出た若い女性3人が足早に文化街を立ち去った。

 一方、その時刻でも営業を続ける店がちらほら。客引きも帰る気配はなく、こちらから声をかけると「まだ飲めるよ」。別の客引きと暗闇の中に消えていく酔客の姿もあった。

 同じ頃、西鉄久留米駅の飲食店街。閉まっている店がほとんどだが、駅構内を赤ら顔で歩く50代男性3人組の姿も。午後5時から飲んでいたが「店が閉まってしまった。後は家で」。残念そうに言い残して去って行った。

   ◇    ◇

 二度の宣言に翻弄(ほんろう)される店主たち。中には時短ではなく臨時休業を選択する人も。妻が経営するスナックを16日から休業した男性(72)は「時短営業したって客は来ない。昨年の経験で分かった」と諦め顔で話す。協力金6万円をもらっても光熱費や家賃などを差し引くと足りず、「貯蓄を切り崩す」。宣言が解消されるまで休むつもりだ。

 また、生花店の40代パート女性は「うちだって時短にせざるを得なくなった。飲食店と同額とは言わないが支援は欲しい」と不満をこぼした。 (玉置采也加、野村大輔)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR