スマホ手に飯塚観光ラリー 18日から、スタンプ集め特産品ゲット

 「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」が日本遺産に認定されたことを記念して、飯塚商工会議所は18日から、福岡県飯塚市内の観光地を巡り、スマートフォンにスタンプを集めると地元特産品が当たる「デジタルスタンプラリー」を実施する。参加無料。

 最新のデジタル技術を活用した新しい観光事業として初めて実施し、飯塚市の魅力を広く発信する。企画は同市の広告会社「NOTE」が担当した。

 ラリーの目的地は、さかえ屋本店、千鳥屋本家飯塚本店、ひよ子本舗吉野堂飯塚本店といった菓子店や、旧伊藤伝右衛門邸、八木山展望台、内野宿長崎屋など市内15カ所。参加者はまず、スマホなどに専用アプリをインストールする。各目的地の所定の場所に行って、アプリを起動しスマホをかざすと、AR(拡張現実)技術を使った画像が撮影できる。伝右衛門邸では伝右衛門や柳原白蓮のコンピューターグラフィックス(CG)映像がスマホの画面に現れ、保存できる。

 スタンプを押す画面も現れ、5カ所のスタンプを集めると景品が当たる抽せんに応募できる。ラリーで回る各店の菓子の詰め合わせや、地元産の米を使った日本酒「Bon D〓clic(ボン・デクリック)」などが計25人に当たる。

 2月21日まで。詳細は専用ホームページ(飯塚浪漫(ろまん) 長崎街道)で紹介されている。電話での問い合わせは、NOTE=0948(52)3244。 (中川次郎)

※〓は「e」の上に「´」

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR