コロナに用心、火も用心

 旧暦の1657年1月18日、江戸の町から上がった火の手は折からの強風で一気に燃え広がった。江戸城の天守閣も焼失するなど、町の6割もが燃え落ちたという。時の年号から「明暦の大火」と呼ばれる

▼悲劇も伝わっている。牢屋(ろうや)に火が迫ったため囚人を解き放った。門番は殺到する集団を脱獄と勘違いして、門を閉ざしたまま。行き場を失った多数が犠牲になった

▼当時は徳川政権発足から半世紀ほど。幕府は守りを固める策で、隅田川にあえて橋を架けていなかった。逃げ惑う人々が川べりで次々に倒れたという

▼昔話ではない。今も「火の用心」の4文字を心掛けたい。年明け以降だけでも福岡や熊本などで犠牲者の出る火災が相次ぐ。特に高齢の方が目立つのは胸が痛む

▼消防では家庭内での火災予防を呼び掛けている。「ストーブの給油は火を消してから」「経年劣化した電気製品は使わない」「席を離れる際はろうそくの火を消して」。厳しい寒波にコロナが加わり在宅の時間も長くなる今冬。重ね重ね火の取り扱いにご注意を

▼明暦の大火での多大な犠牲を教訓に、江戸は防災力を高めた。再整備する町には新たに防火帯を設置し、新しい架橋も許可。荷物を運び出す者で道がふさがったため、以後は火災時の家財搬出を厳禁にした。そして江戸城天守閣の再建は「市中復興が最優先」と見送った。為政者が的確に状況判断をした時代もあった。

関連記事

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR